treatment
内科一般

  • HOME>
  • 内科一般

内科へご相談いただけること

 

  • 熱がある
  • 喉が痛い
  • 咳が止まらない
  • 鼻水が出る
  • 体がだるい
  • お腹が痛い
  • 吐き気がする
  • 動悸・息切れがする
  • 胸痛がする
  • 食欲がない
  • 急な体重の増減
  • 何となく体の調子が悪い
  • など

内科へは様々な症状がご相談いただけます。 兵庫県姫路市のさわだ内科・呼吸器クリニックでは、今ある症状だけを診るのではなく、全身を包括的に診療して適切な検査・治療をご案内いたします。

どんな症状・疾患もお気軽に

さわだ内科・呼吸器クリニックの内科では、地域のかかりつけ医として“すべての疾患を診る”つもりで診療を行っています。 風邪やインフルエンザ、胃腸炎などの急性疾患から、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)に代表される生活習慣病やアレルギー疾患・花粉症、便秘などの慢性疾患まで、幅広い症状・疾患にお応えします。 近隣にお住まいの方々の“健康相談窓口”として機能し、他科での診療や基幹病院での専門的な検査・治療が必要な場合には、責任を持って連携する医療機関をご紹介いたします。

クリニック・基幹病院と連携

当クリニックはクリニックモール内にあり、他科のクリニックとスムーズに連携がはかれる環境にあります。 また神戸大学医学部付属病院や岡山大学医学部付属病院などの大学病院、姫路赤十字病院、姫路医療センター、 姫路聖マリア病院などの市内の基幹病院と病診連携をはかっていますので、診断の結果、当クリニックで対応するのが難しいと判断した場合でも、 すぐに専門的な検査・治療へとお繋ぎします。

内科で診る主な疾患

急性疾患

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 肺炎
  • 急性胃腸炎
  • 咽頭炎
  • 扁桃腺炎
  • 結腸憩室炎
  • 膀胱炎
  • 腎盂炎
  • など

慢性疾患

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 高尿酸血症(痛風)
  • アレルギー症状(花粉症など)
  • 排便障害(便秘など)
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • など

内科で受けられる検査

血液検査

自動血球計数CRP測定装置にて、クリニック内で白血球数、赤血球数、血小板、CRP(炎症反応)などを測定します。 炎症や感染症などの診断を行うことができ、少量の採血だけで検査を行うことができます。

レントゲン検査

胸部・腹部のレントゲン検査を行い、心臓や肺、腸などの臓器を観察します。 心不全、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、腸閉塞などの診断に有効です。

心電図検査

自心臓の電気的な活動を波形で記録し、それを基に心臓に異常がないかチェックする検査です。 狭心症や不整脈、心肥大、心筋梗塞などの発見に繋がります。

生活習慣病

高血圧

高血圧(高血圧症)とは、血圧がある一定範囲を超えて慢性的に高く維持されている状態です。自覚症状が現れにくいため、治療に取り組む方はあまり多く見られませんが、日本人の約3人に1人が高血圧と言われています。主な原因として考えられているのが、肥満・過食、飲酒・喫煙、塩分の過剰摂取、運動不足、ストレスなどです。なお高血圧と判断される数値は、外来時測定で最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上です。

血圧の数値が常に高く維持された状態にあると、血管壁が圧力でダメージを受け続けることになります。すると血管壁が厚くなったり、硬くなるなどして血管の柔軟性が失われていき、動脈硬化を招くようになります。その結果、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを起こしやすくなります。

糖尿病

糖尿病とは、インスリン(膵臓から分泌されるホルモンの一種で、血液中の糖分を組織に取り込ませ、血糖値を下げる働きをする)の分泌量が減少したり、出なくなったりする状態を言います。
糖尿病は主に、インスリンを作る膵臓のβ細胞が破壊されることで発症する1型糖尿病と、過食や肥満など日頃の不摂生な生活習慣が原因で、インスリンの分泌量が減少したり、量が十分でもその機能が低下してしまう2型糖尿病(二次性糖尿病、妊娠糖尿病も含む)に分類されます。糖尿病患者の実に9割以上の方が2型糖尿病患者です。

インスリンの量が減少、あるいは機能低下がみられると、血糖値を下げるのが困難になり、常に高血糖な状態となります。さらに症状が重くなると、血糖コントロールが非常に困難になるほか、血管障害の危険もあり、様々な合併症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は糖尿病三大合併症)を発症しやすくなります。また糖尿病は動脈硬化を促進させるので大血管障害(心筋梗塞、狭心症、脳卒中など)を起こすこともあります。

高脂血症

LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライドなど)など、血液中の脂質の濃度が慢性的に高い状態、もしくはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態を脂質異常症と言います。自覚症状については、ほぼ見られません。そのため血液検査や健康診断で指摘されて気づくケースがほとんどです。

コレステロールは、細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料であり、もともと体に必要とされているものです。ただ、これが多すぎてしまうと血管にコレステロールを蓄積させ、動脈硬化を誘因するようになり、そのまま放置すると血管が狭くなったり、詰まったりします。これが脳で起きると脳梗塞、心臓で起きると心筋梗塞などを起こします。原因としては食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取、肥満などが考えられ、糖尿病や高血圧、腎臓病など別の病気が原因で併発することもあります。

また、コレステロールは少なすぎると免疫力が低下するので、様々な病気を招くようになります。

呼吸器内科へご相談いただけること

 

  • 咳が止まらない
  • 痰が出る
  • 息が苦しい
  • 息切れがする
  • 呼吸時にヒューヒュー、ゼイゼイと音がする(喘鳴)
  • 胸が痛む(胸痛)
  • 熱がある
  • いきびをかく
  • 寝ている時、呼吸が止まる
  • 昼間、急な眠気に襲われる
  • など

呼吸器の代表的な症状は咳や息苦しさなどですが、それ以外にも様々な症状が現れます。 兵庫県姫路市のさわだ内科・呼吸器クリニックでは、呼吸器を専門とする医師が適切に検査を行い、症状の原因を明らかにして治療方法をご案内いたします。 咳などの症状でお困りの際は、お早めにご相談ください。

呼吸器内科について

呼吸器の病気として、身近なもので風邪や気管支炎、喘息などがあります。 そのほか、肺気腫や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、さらには肺がんなども含まれていて、多種多様な疾患を診る科となります。

院長の専門は呼吸器

当クリニックの院長の専門は呼吸器で、これまでに大学病院や赤十字病院、がんセンターなどで呼吸器疾患・肺がん治療に携わってきた経歴があります。 呼吸器を専門とする医師として、長年の経験を活かして地域の皆様に専門性の高い検査・治療を行わせていただきます。

鼻炎や蓄膿症などの鼻の症状も診ます

鼻炎や蓄膿症などの鼻の病気は、耳鼻咽喉科の領域ですが、呼吸器内科で診ることもあります。 鼻と肺は繋がっているため、鼻が悪くなることで肺の病気(喘息など)にも影響をおよぼすことがあるからです。 こうして気道をトータルに診る考えを“ワンエアウェイ・ワンディジーズ(※気道を1つの器官として捉えて総合的に診療)”と言い、当クリニックでもこの考えに基づいて検査・治療を行います。 またCTスキャナを導入しているので、副鼻腔のCT検査も受けていただけます。

呼吸器内科で受けられる検査

呼吸機能検査

“スパイロメーター”という計測機器を使って、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺疾患呼吸器などの呼吸器疾患を調べる検査です。 マウスピースをくわえて息を吸ったり、吐いたりすることで換気機能をチェックします。

喘息の検査

喘息とは、気道で炎症が起こって狭窄することで、呼吸がしにくくなる状態を言います。 喘息を診断するために、次のような検査を実施して総合的に判断します。

アレルギー検査

血液検査や特異的IgE抗体検査を実施して、ダニや埃など、アレルギーが原因で喘息が起こっているかどうかを確認します。

酸素飽和度(SpO2)測定(パルスオキシメータ)

酸素飽和度(SpO2)を測定する検査で、喘息の発作がひどくなると血液中の酸素が少なくなってしまいます。

呼吸機能検査

“スパイロメーター”という計測機器を使って肺活量や換気量などを調べます。

肺がんの検査について

肺がんは日本人のがん死因の上位(男性で1位、女性で2位)で、早期発見が重要ながんです。 当クリニックでは肺がんの早期発見のために、小さな病変も見逃さない肺CT検査を行っています。

マルチスライスCTスキャナを導入

世界最高水準の技術を搭載したCTスキャナを導入しており、正確かつスピーディに精度の高い検査を行うことが可能です。 被ばく線量も従来よりも大幅に低減されていて、胸部X線検査では発見しづらい早期の肺がんの発見に有効です。

放射線診断専門医によるダブルチェック

肺がんCT検診認定医師である院長、そして岡山大学病院放射線科と連携して放射線診断専門医によるダブルチェックを行うことで、診断精度の向上をはかっています。 見逃しのない精密なCT検査を行います。

低線量肺がんCT検診を実施

当クリニックでは低線量肺がんCT検診を行っており、胸部X線検査では発見することが難しい小さな肺がん、心臓や横隔膜などに隠れた肺がんの早期発見に努めています。

呼吸器内科の主な疾患

喘息

アレルギーなどが原因で気道で炎症が起こり、内側が狭くなり(狭窄)呼吸がしづらくなる病気です。 発作が起こると激しい咳や喘鳴(ぜんめい:呼吸時にヒューヒュー、ゼイゼイと音がする)などが起こります。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

主に煙草の煙などの有害物質を長年吸入することで、肺や気道で慢性的な炎症が起こり、気管支や肺で障害が生じる疾患です。 咳や痰が頻繁に出て、体を少し動かしただけでも息切れを起こすようになります。 治療せずに放置すると息苦しさのため日常生活に支障を来したり、肺機能の低下のために在宅酸素療法が必要になったりする場合があります。

COPDの治療の第一歩は禁煙

COPDの主な原因は長年の喫煙習慣ですので、治療の第一歩は禁煙です。 喫煙を続けると病気はどんどん進行していくことになりますので、すぐにでも禁煙を始められることをおすすめします。 当クリニックでは禁煙外来をおこなっておりますので、そちらと連携して禁煙治療を行わせていただきます。

禁煙治療について詳しくはこちら 禁煙外来)

気管支炎

ウイルス感染などにより、気管支の粘膜で炎症が起こった状態です。 咳や痰などの症状のほか、発熱や全身倦怠感、食欲不振などの症状が現れます。

アレルギー性鼻炎(花粉症)

鼻の粘膜で起こるアレルギー症状で、花粉症がよく知られています。 花粉症は季節性アレルギー性鼻炎で、スギ花粉症などが有名ですが、 当クリニックではスギ花粉症への治療として通常のお薬に加えて、 舌下免疫療法やゾレア(重症のスギ花粉治療)などをご案内しております。

舌下免疫療法について詳しくはこちら舌下免疫療法)

ゾレアについて詳しくはこちらゾレア)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中に無呼吸または低呼吸が頻繁に起こる状態を言い、多くの場合、いびきをともないます。 睡眠の質の低下を招くだけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を合併したり、心不全のリスクが高まったりするとされています。 「たかがいびき」とお考えにならずに、まずは検査を受けて睡眠時無呼吸症候群かどうか調べてもらうようにしましょう。

睡眠時無呼吸症候群について詳しくはこちら睡眠時無呼吸症候群)

WEB予約

オンライン診察

LINE