重症のスギ花粉症に対する抗IgE抗体ゾレアによる治療|JR東姫路駅より徒歩1分 さわだ内科・呼吸器クリニック

感染症対策実施医療機関
感染症対策実施医療機関
079-226-3381

重症のスギ花粉症に対する抗IgE抗体ゾレアによる治療

2020年より、重症・最重症のスギ花粉症に対して、2月~5月限定で抗IgE抗体オマリズマブ(ゾレア®)を皮下注射する治療を行うことができるようになりました。
従来の抗ヒスタミン薬、点鼻薬を使用しても症状が十分に改善しない方が対象となります。高い治療のためにすべての方に投与が可能というわけではありませんが従来の治療で症状が残る方は是非検討ください

どのようにしてゾレアが効くのか?

スギ花粉症のある方は、スギに対するIgEが身体の中で産生され、これが肥満細胞に結合することにより「スイッチ」が入り、肥満細胞からヒスタミンという生理活性物質が大量に放出されてしまいます。このヒスタミンが神経や分泌物を出す鼻腺、血管などにあるヒスタミン受容体にくっつき、くしゃみ、鼻汁、鼻づまりなどをひきおこします。ゾレアはIgEと肥満細胞が結合するのをブロックしてアレルギー症状が出るのを抑制します。

ゾレアの適応患者さん

  • 12歳以上
  • 1週間以上、抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬による治療を行っても「重症」もしくは「最重症」の症状が残る方
  • スギIgE値がクラス3以上、総IgE値が30~1500IU/mL(以前に検査をされたことがある方であっても再検査が必要。)

治療費

体重と総IgE値よりゾレア®の投与量と投与間隔が決められます。費用は薬剤費のみで1か月あたり、3割負担で約4,500円から7万円の間です。投与量によって金額が変わります。その他、受診、検査にかかる費用、同時に服用し続ける必要のある抗ヒスタミン薬の処方費がかかります。小児は12歳以上が適応ですが自治体によってはこども医療費などの医療費助成が受けられます。
毎年スギ花粉症の時期に大変な思いで過ごされる方は早めに血液検査を行い、注射が可能か、注射本数、費用などを調べておくことによってスムーズに花粉飛散期を迎えることができます。

インターネット予約はこちら
オンライン診療「クリニクス」
© さわだ内科・呼吸器クリニック All rights reserved.

ページ
TOPへ